ウォルフガング・フルー作 5コース・バロック・ギター
イギリス、1980年製作
お問い合わせ
  

信じがたいほど美しく作られた5コースギターです。製作はイギリスで学んだドイツ人製作家フルー
確かな技術を持つ彼の楽器は高い評価を受けており、私自身幾つか自分用の楽器をオーダー、またオリジナル楽器の修復を依頼しています。

今回の楽器には象牙と黒檀のインレイによる装飾がふんだんに施されています。
このように手の込んだ美しいギターは17世紀に多く作られましたが、
現代では非常に非常に稀ですし、この先作られることもまずないでしょう。
実際、多くのギターを見てきた私ですが、この楽器を見せられた際には心から驚いたものです。
この様な技術を持つ製作家が現存し、しかも膨大な時間をかけて製作するとは想像もしていなかったからです。


オリジナルのセラス作ギター、17世紀中頃(上)と出展楽器(下)


最高級のスプルースの表面板。ローズ周りとブリッジは象牙で豊かに装飾されています。


ローズも非常に繊細なデザイン、品位高く美しいものです。


黒檀の裏板にも象牙のインレイが一面に施されています。まさに輝くようです。




ヘッドも豊かな装飾、10本のペグも象牙です。


姿が美しいのと同様に、美しく品位の高い音で非常に良く鳴ります。
装飾されている楽器は、そうでない楽器にくらべてより子音の強い語るような鳴り方をし、
それはバロック時代の楽器の理想の鳴り方であったわけですが、この楽器もまさにそうです。
現代におけるバロックギターレプリカの最高峰と言っても過言ではないでしょう。

製作者によれば、同様の楽器を現在製作することは材料などの関係から不可能で、
たとえ製作するとしても、数百万円から1千万くらいの価格になるだろうということでした。

今回の楽器は価格的にもリーズナブル、またコンデションはこれ以上望めないほど素晴らしい状態です。
バロック時代のギターとその音楽に真摯に興味を抱いている方にお譲りしたい楽器です。

サヴェージのカスタムハードケースが付属します。
   
戻る                              メイル