オリジナル5コース(バロック)ギターX2 (パリ、18世紀後半)
上:ソブネル作 価格68万円
下:ジャン・ローラン・マスト作 価格95万円
日本で試奏できます。お問い合わせ




5コースを持つ「バロックギター」は16世紀の後半に成立、19世紀の初頭まで用いられました。
コルベッタ、ド・ヴィゼ、サンス、ムルシアなどのソロ作品が多くあり、アンサンブル/通奏低音楽器としては絶大な威力を発揮します。
調弦は現代のギターの第6弦を除いたものとほぼ同じで、ギターを弾く人なら馴染みやすいものです。

昨今では良いレプリカ古楽器も作られるようになりましたが、やはり当時製作されたオリジナルには経年変化による独特の響き、材料と作りの良さ、レプリカには代えがたい雰囲気があります。
これまでに多くのオリジナルバロックギターを見てきましたが、このクラスの楽器が市場に出るのは大変稀です。
ヴォボアンなど18世紀前半までのギターは現存数が少なく、演奏可能な楽器の価格は数百万円以上になりますが、
今回の楽器の価格は非常にリーズナブルで、良質のオリジナル楽器を探している方には良いチャンスだと言えるでしょう。

ソブネル作 68万円
ソブネルはミルクールとパリに工房を持ち、良質のギターを製作していました。
シニア・ダ・リッダーのギターの名器写真集にも載っています。
https://www.sinier-de-ridder.com/livres_eng.html

胴体内部に「ソブネル、パリ」のラベルがあります。
 

スプルースの表面板。非常に良いコンデションです。


金泥の施された美しいパーチメントのロゼッタ。


メープルの裏横板。


黒檀巻きのネック。


黒檀の指板。後世に象牙/骨のフレットが貼り付けられていましたが、
現在では除去され、オリジナル通りガットフレットが巻かれています。



ペグは黒檀。フィッティングは良好で調弦は快適です。


弾きやすくリーディな音色で良く鳴る楽器です。弦長64センチ。
ナイルガットとサヴァレスのKF弦で張ってあります。ケースと替え弦が付属します。


ジャン・ローラン・マスト作 95万円
マストはパリの名門工房。
比較的多くの楽器が残されていますが、いずれも弾きやすく、透明な音色と豊かな音量を持っています。
私もマスト作のギターを愛用しています。
https://www.youtube.com/watch?v=iTFdAcnNfXw
今回の楽器はマストの作品中でもハイスペックなモデルです。

胴体に推されたブランドマーク。


スプルースの表面板。
ブリッジ周りにワームの跡がありますが、完全に修理されています。


パーチメントのロゼッタ。


ロゼッタは簡単に着脱できます。
この楽器にはもともとロゼッタは無かった可能性もあります。


メープルの裏板。横板はストライプになっています。非常に美しい胴体です。



黒檀巻きのネック


弦長648ミリ。アクイラのナイルガットとサヴァレスのKF弦で張ってあります。
この時代のギターとしては大型で、その響きと音量は現代のコンサートにも
充分対応するでしょう。
マスト作ギターのヨーロッパでの市場価格は130万円ほどですので、これはだいぶお買い得な楽器と言えます。
(参考:https://www.sinier-de-ridder.com/guitares/mast3-eng.html)
ケースと替え弦が付属します。


戻る                     メイル