アルペジョーネ(銘あり、ドイツ、20世紀中庸)
価格30万円 お問い合わせ

アルペジョーネは19世紀の初頭に考案されたギターとチェロのハイブリッド楽器。
6弦を持ちギターと同じ様に調弦され、チェロのように構えられ弓奏されます。

19世紀にはウィーンを中心に流行した楽器で、シューベルトの「アルペジョーネソナタ」は良く知られた作品です。


現代ではチェロで弾かれることの多い作品ですが、アルペジョーネの特質が非常によく生かされており、
アルペジョーネで弾いて初めてこの作品の真の姿が現れると言って良いでしょう。

アルペジョーネはチェロほどの大きな音量は持ちませんが、演奏の快適さや豊かな響きはチェロを遥かに凌駕すると言え、
また当時のフォルテピアノやギターとの相性も抜群です。

参考:アルペジョーネによる演奏動画
https://www.youtube.com/watch?v=do9UgdfwM5Q

またシュスターによる教本も残されています。



シューベルトの他には多くの曲が残されてるわけではありませんが、それはアルペジョーネの使用が限定されていたというよりも、
むしろ逆で、他楽器や声楽の作品なども演奏できる万能楽器、汎用楽器として位置づけられていたからです。
こういったことはフラジオレットやマンドリンなどにも見られます。

今回の楽器はドイツで20世紀中庸あたりに製作されたものでしょう。
シュタウファー製作のオリジナル楽器に範を得ていると思われますが、やや小型、細身にデザインされています。
弦長55センチ。

シュタウファー作のオリジナル

19世紀ー20世紀のドイツでは折からの古楽器復興とも重なって、
アルペジョーネ以外にも多くのハイブリッド楽器が製作されています。
アルペジョーネはいわば「弓で弾くギター」ですが、「指で弾くチェロ」も作られています。



今回の楽器はイギリスのコレクターの所有になっていたものですが、弾き傷などもほとんどない綺麗な状態です。

スプルースの表面板。


ブリッジ周辺に変色した跡がありますが、損傷ではありません。ニスが垂れた跡のリタッチの様です。

裏横はメープル。



指板にはフレット。ヘッドには6本の木ペグがあります。ペグの1本は交換されているようですが、使い勝手は良好です。


現状では1−3弦にガット、4−6弦にはチェロかヴィオラ用と思われる巻き弦が張られています。
このサイズや調弦はギターを弾く人にとっては非常に馴染みやすく、すぐに旋律を弾くことが出来ます。
モダンの弦楽器と違って、演奏時の肉体的負担も小さく、弾いていても疲れることがありません。

シューベルトのような名曲があるにも関わらず、アルペジョーネは現代においては作られることも演奏されることも稀です。
熱心な愛好家かプロフェッショナルな奏者に使っていただきたい楽器です。


戻る                               メイル