チャップマン作:中世ギターン (イギリス、2019年の新作)
価格32万円(ケース付き) 日本での試奏が可能です。



希少な中世ギターンです。
製作者は名門ロンドン・カレッジ・オブ・ファーニチャーの古楽器製作科で学んだチャップマンで、ことにアーリーギター族を得意としています。
彼の楽器はこれまでにも本サイトでも数本扱いました。
弾き心地や音の傾向としては彼の師マルコム・プライヤーに大層似ています。

ギターンは13世紀から16世紀にかけて用いられた撥弦楽器で、サイズやコース数も様々です。
通常はプレクトラム(ピック)で弾かれましたが、指頭でも弾かれたと思われます。



中世の楽器には珍しくオリジナルも現存しています。


ギターンについてのページ

ギターンは一見リュートのような丸い胴体を持ちますが、楽器分類上はギターの仲間です。
↓はギターン、4コース(ルネサンス)ギター、ビウエラ。


スプルースの表面板。美しいパーチメントと木のロゼッタ。
 

ボディはチェリーやアップルなどフルーツウッドでしょうか。オリジナル通り彫り抜きで作られています。

ヘッドはメープル。美しい彫刻が施されています。




弦長42.5センチ。
現状ではナイルガットとフロロカーボンで張り、リュートと同様の調弦を施してあります。
ふくよかな音色で良く鳴ってくれる楽器です。


木製のハードケースが付属します。


戻る                               メイル