古楽器スターターのページ

その3:右手のタッチ

リュートやアーリーギターなど古楽器を学ぶ人にとって、
もっとも知りたいのは正しい右手のタッチ、美しい音の出し方だと思います。

ここでは図版を用いつつ歴史的な変遷を概観して、私の推奨するタッチについて書いていきますが、
まず基本として、リュート、アーリーギターの正しいタッチを学ぶ際に非常に有益で、必須とも言えるのは次の3点です。

*小指を表面板につけること

*ガット弦を適正な張力で用いていること

*爪は短く切りそろえておくこと

(17世紀のイタリアではリュートやバロックギターは爪で弾かれていた場合も多かったのですが、
現代のクラシックギターの奏法や爪の形とはやはり大きく異なります。
将来的に爪を使われる場合でも、まずは爪のない奏法をある程度マスターすることは有益だと考えます)



ルネサンスリュート(前期)

16世紀の初頭から中頃にかけては、親指を手の平の中に入れる親指内側奏法が主に使われていました。
右腕を楽器の底部から水平にローズ方向に伸ばすと、自然に親指は手の平の中に入ります。

15世紀末の絵画

上の絵画ではリュートの位置は高めでほぼ水平に構えられていますが、
角度をもって(ネックを上げて)リュートを構える際には、手首を内側に曲げると
親指を手の平の中に入れることができます。

フランチェスコ・ダ・ミラノ?の右手

このように親指を手の平の中に入れて弾弦する「親指内側奏法」が、
スペインを除く全ヨーロッパで16世紀には主流でした。




ルネサンスリュート(後期)

1580年頃から親指を手の平の中に入れない「親指外側奏法」が使われるようになります。

エリザベス一世の右手

上のミニアチュールでは楽器はある程度角度をもって構えられ、
右腕は自然に伸ばされ、自然に親指は手の平の外に出ています。

1600年頃には親指外側奏法が主流になりました。



つまりリュートの弾き方は、16世紀を通じて親指内側奏法から親指外側奏法へと変遷していったのでした。
ダウランドの教則本「リュートレッスン様々」ではこの2つの奏法に触れて、
親指外側奏法を「よりエレガントである」と推奨しています。



バロックリュート


バロックリュートにおいては親指外側奏法のみが使われました。
ルネサンス時代よりも、よりブリッジ近くで弾弦されるようになります。
これは、低音に親指を伸ばしやすくすること、また主に低音弦に弱い張力を採用していたからだと考えられます。

3人のリュート奏者の右手
左から:ムートン(11コース)、ファルケハーゲン(13コース)、シャイドラー(13コース)




バロックギター

バロックギターもバロックリュートと同様に、ブリッジ近くでの親指外側奏法が用いられました。
ラスゲアードの基本位置はネックとボディのジョイント付近です。

左から
プンテアード、ラスゲアード、プンテアード




19世紀ギター

19世紀に入ると、楽器の個体差が大きくなったこともあり、それぞれの奏者間の奏法の差にも大きなものがあります。
ここでは、もっとも中庸/穏当なテクニックを持っていたように思われるプラッテン夫人の右手を挙げておきます。
右手は自然に伸ばされ、小指は表面板につけられています。

プラッテン夫人の教則本より



まとめ

・・・というわけで、「正しいタッチ」はそれぞれの楽器によって少しずつ異なります。
自分のもっとも興味のある時代、楽器に合わせたタッチを学ぶのが上達のコツですね。
6コースリュートで16世紀前半の音楽のみ演奏される方は、
楽器を水平に近く構えて右手親指を手の平に入れて弾弦する」のが良い選択でしょうし、
ダウランド以降、バロック音楽に興味の中心がある方は迷わず、
ネックを上げて構えて右手親指を手の平の外に出してブリッジよりで弾弦する」のを勧めます。

ルネサンスもバロックも、19世紀ギターもやってみたい!という欲張りな方には・・・
そうですね、上のエリザベス一世の右手のような形がとりあえずはお勧めでしょうか。
(勿論、それぞれの楽器によって厳格に右手の奏法を使い分けるのも不可能ではありませんが)

「良い音」のイメージはなかなか文章にはできませんが、私自身は、
クリヤーで遠達性のある音、楽器の表面板にインパクトを与えすぎず、レガートながら語るような音
を理想としています。

親指外側奏法でブリッジよりで弾弦しても良い音が出ない!」とは良く質問されることなのですが、
それはおそらく次の点に問題があります。
*ガット弦を適正な音高、張力で使用していない
*楽器が歴史的な構造でない
*「良い音」のイメージが異なっている


中でも「ガット弦を適正な音高、張力で使用する」のは非常に大きなポイントです。



付録:親指外側奏法の実際


1600年頃には親指外側(サム・オーバー/サム・アウトサイド)奏法が支配的になっていました。

親指外側奏法は16世紀にもリュートやヴィウエラ、ギターに用いられていましたが、
1600年以降19世紀にいたるまで、基本的な形を変えずにほぼ唯一の奏法として使われています。

親指外側奏法は非常に自然な奏法で、身体に優しく疲れも少ないものです。

次のようにすると誰でも簡単に会得することが出来ます。

まずギュッとこぶしを握ります。


そして力を抜きます。このときに筋肉を使って指を拡げてはいけません。あくまで脱力するだけです。


おそらく↓のような形になっているでしょう。


力を抜いたまま、リュートの表面板に小指を軽く乗せます。
小指の位置はブザールやダウランドが書いているようにブリッジ近く、そして親指を伸ばしてください。


手首は重力に従って自然に曲がります。ここを伸ばしてしまうと手首の負担になり、腱鞘炎の原因にもなるので注意。
あくまで力を抜いた形で、指先で軽く弦をはじいてみて下さい。

弦は指先の狭い範囲によってはじかれるので、楽器はくっきりとした音で良く鳴るはずです。



弾きにくかったり良い音が出ない場合、おそらくは使用している弦に問題があります。
ガット以外を使っているか、張力が強すぎるのでしょう。(多くの場合は両方)

その場合でも、弦を替えるより前に、楽器全体の音高を少しづつ下げてみるなどして、弾きやすくなるポイントを探ってみましょう。
身体にも楽器にもストレスなく、ぴったりきたところがもっとも適正な張力です。
それが判ればゲージなどを換算して弦を替えることもできます。

ことにルネサンスリュートの場合、フレットをダブルで巻くとより説得力のある音になるでしょう。

大切なのは、楽器を弾きこなすために努力するのではなく、弾きやすい楽器の状態を作ることです。
その意味でリュートは決して難しい楽器ではありません・・・



付録:クラシックギター経験者のみなさんへ


クラシックギター経験者にとって、古楽器の左手の動きはそう困難ではないはずです。
古楽器の右手のタッチは、ギターとは全く異なっているので、
ついついタッチの勉強はおろそかになりがちで、
少々乱暴になってしまっても、楽曲に取りくんでしまうのが実情と言えます・・・(そうじゃない?)

ギタリストの皆さんは、この章の冒頭に挙げた「小指を表面板につける」および「爪を短くする」
には非常に困難を感じる筈なので、まあ無理もないと思います。

しかし、ある程度でも古楽器に真面目に取り組む気概のある方には、
たとえ短期間でも良いですから、爪を短く切って歴史的奏法を学ばれることを心から勧めます。
その間にはクラシックギターには触れないようにしましょう。
ある程度でも「良い音」を出せるようになった際には、
爪を多少伸ばしてもその「良い音」は保持できる場合が多いのです。

また19世紀ギターに取り組まれる方にも「小指を表面板につける」「爪を切る」の2点はお勧めします。
19世紀においては「小指を表面板につけず」「爪を用いた」ギタリストが多く存在したのも確かなのですが、
彼らの奏法は現代のモダンギターのそれとはやはり大きく異なっていました。
「爪を使わず」「小指を表面板に付ける」奏法を学ぶと、
後に「爪を伸ばして」「小指を表面板につけずに」演奏する際にも、19世紀の奏法に近くなっているはずです。
長い期間とは言いません、2週間で結構です。やってみませんか?
音楽する人間として、一生を左右するくらいの大きな経験になるはずです(大袈裟?)

戻る         質問する       「ガット弦について」を読む