レクチャー/コンサート/レッスン/講習会など

2019年4月末ー5月末に日本に滞在しています。
今回は次のような講座を企画中です。
興味ある方はお問い合わせ下さい。
この時期に個人レッスンなどご希望の方もどうぞご連絡くださいませ。
問い合わせ


4月29日 横浜 
かき鳴らし奏法(バテンテ、ラスゲアード、バッテリー)
 
「かき鳴らし」は撥弦楽器独特の奏法で、
特に17世紀には非常に洗練された技巧が5コースギターに用いられていました。
また4コース(ルネサンス)ギター、リュート、キタローネ(テオルボ)、イングリッシュギター、19世紀ギターにも
類似の奏法が用いられた形跡があります。
このワークショップでは、5コースギターの文献を中心に、
16−19世紀のかき鳴らし奏法を探求してみたいと思います。
初心者歓迎、貸し楽器あり。
会費5000円(茶菓つき)
 


5月2日午後 横浜 ベルーガオルガン練習室
リュート体験個人レッスン


5月3日午後 埼玉県戸田市の公共施設 
ワークショップ「ウクレレで弾いてみる古楽」
ウクレレは古楽器の良さを残している楽器で、調弦はルネサンスギターと全く同じ。
当時の音楽「グリーンスリーヴス」や「メヌエット」などを弾くことが出来ます。
このワークショップでは、ウクレレを弾く方たちと古い音楽を楽しみたいと思います。
初心者歓迎。貴重なルネサンスギター体験もできます。



5月5日、横浜 
イングリッシュギターで遊ぼう
イングリッシュギターは18世紀後半にイギリスで愛奏された弦楽器。
当時流行した歌や舞曲の他、クリスチャン・バッハ、ジェミニアーニ、シュトラウベなどの作品があります
音楽の経験がない人にも取り組みやすく、
身体にも心にも優しい楽器です。
このワークショップでは、イギリス以外のレパートリー(オランダ、フランス、インドなど)にも目を向けつつ、
イングリッシュギターの楽しさと奥深さを皆様とシェアできればと思います。
初心者歓迎、貸し楽器も用意します。
会費5000円




5月6日午後、びわ湖ホール(大津)

関西古楽講習会
個人レッスン、セッション
レクチャーと実習「かき鳴らし、ラスゲアード、バテンテ」
参加費1,2000円



5月11日、横浜 
数字付き低音/グラウンドによるセッションの会
 (リュート、テオルボ、ギターなど撥弦楽器対象、19世紀ギター、モダンギターも可)

「数字付き低音」は、16世紀末から19世紀半ばまでの音楽の根幹をなす考え方で、
その知識と素養を持つことは楽曲の理解と演奏に大きな助けとなり、作曲や即興への道も開けます。
今回はフォリア、シャコンヌ、タランテラ、パッサカリアなど固執低音によるセッションを主に行います。
内容:レクチャーとセッション、茶話会
会費5000円
お問い合わせ 



5月12日
日本ソルフェージュ研究協議会
実演付き講座「バロック舞曲の理論と即興:スペインのフォリア」
東京藝術大学音楽学部第1ホール
http://ni-sol-ken.com/20190512.pdf 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


私は、リュートなどの古楽器、クラシックギター、音楽理論などのレッスンを行なっています。
レッスンの場所は、ロンドン各所の教室です。

日本一時帰国時には、京都、東京、横浜のスタジオなどでレッスンしております。

また日本では、毎年何らかの古楽講習会を教えております。

私のレッスン及び講習会にご興味のある方はメイルなどでご連絡下さい。
メール アイコン
メール
トップ アイコン
トップ

ライン