多弦19世紀ギターX3 左から;
 シュタウファー系7弦(オーストリア/ドイツ、19世紀中庸) 価格34万円
 ロシア式7弦(ロシア/ドイツ、19世紀後半ー20世紀初頭) 譲渡済
 ペーター・ハルラン作8弦(ドイツ、20世紀初頭) 価格25万円
 いずれも日本での試奏が可能です。 お問い合わせ


19世紀には多弦ギターは多く用いられ、コスト、レニャーニ、メルツなど、
またロシアの作曲家が多くの作品を書いています。現存する楽器は非常に少なく貴重です。
下はラコートの7弦ギター




無銘:7弦オリジナル19世紀ギター(シュタウファー派、オーストリア/ドイツ、19世紀中庸)


この楽器はもともと7弦ギターとして作られたと思われますが、英国のコレクターの元にあった際は、
7個あったブリッジの弦穴がひとつ埋められ、ヘッドも6弦用に換装されていました。
今回ロンドンの楽器工房で7弦に戻す再修復を行いました。
全体に軽く作られており、豊かに鳴る良質のギターです。

ラベルはありませんが、19世紀半ばにドイツ語圏で作られたことは間違いないでしょう。
全体のプロポーションや音の出方など、シュタウファー派と言えます。

質の高いスプルースの表面板。美しいムスターシュと螺鈿による装飾があります。


指板にも輝くような真珠貝の装飾が施されています。 


非常に美しいメープルの裏横板。裏板は一枚板です。

ネックとヒールはエボナイズド。


弦長64センチ/68センチ(第7弦)。
現状では古楽器用の巻き弦とナイルガット、KF弦で張ってあります。
弦高は低め、非常に弾きやすく、歯切れよく伸びやかな音色のギターです。


ロシア式7弦(ロシア/ドイツ、19世紀後半ー20世紀初頭) 譲渡済

ロシアでは19世紀の初めより、ト長調の和音(上からレシソレシソレ)に調弦する7弦ギターが弾かれています。


18世紀にイギリスで流行した「イングリッシュギター」の影響を受けて成立した楽器だと考えられ、
その興味深いロマンティックなレパートリーはCDやYoutubeなどで聞くことが出来ます。
 動画:https://www.youtube.com/watch?v=zPEv_crCP8c 

https://www.youtube.com/watch?v=JClvdDWOwgk
 
CD:



ピーター・ハルラン作8弦ギター(ドイツ、1920年頃)

ピーター・ハルランは古楽復興期に活躍したリュートやリコーダーなど古楽器の名工で、
彼の楽器はドイツ各地の博物館などに残されています。
ハルランは少数ながら19世紀タイプのギターも残しており、リュート音楽や19世紀の多弦ギター作品を演奏するために製作されたようです。

スプルースの表面板。

全体にシンプルながらもかっちりと精緻に作られています。

メープルの裏横板。美しい木目です。


弦長64センチ。
力強くおおらかに鳴る楽器で、古楽器としてのみならず、様々なレパートリーに対応する現代の汎用ギターとしても使えそうです。

写真のケースは参考品です。

戻る                               メイル