フランスの19世紀ギター (上から:ヴィヨーム、ラコート、モーシャン)
ご質問/お問い合わせ 

 

いずれも名器/名工の誉れ高いオリジナル19世紀ギターたちです。
18世紀末から19世紀にかけてそれまであった5コースギター(バロックギター)から6単弦ギターへとギターは変化しましたが、
その際に最も大きな役割を担ったのはパリとミルクールで働いていたフランスの弦楽器製作者たちでした。
この時代、6単弦ギターは「フランス風ギター/キターラ・フランチェーゼ」と呼ばれたこともそれを示しています。

多くの名工が活躍しましたが、中でもミルクールのモーシャン、パリのラコートはよく知られています。
また18世紀から続く弦楽器製作一家ヴィヨームも良質のギターを残しています。
今回はこの三つの名工房の楽器の出品です。いずれも非常に強い個性を持ちながら、フランスの香り高い楽器です。
どの楽器を手に取っても、当時の最先端、最高品質のギターを弾いている喜びに満たされます。
いずれの楽器も修理跡などはありますが、演奏に使えるように修理されています。


ヴィヨーム銘オリジナル19世紀ギター (価格応談)

ヴィヨームは非常によく知られた弦楽器製作一家ですが、今回のギターの表面板にはヴィヨームの中でもずば抜けて評価の高い
ジャン・バティスタ・ヴィヨームの刻印が押されています。彼が比較的初期の作品に押していた焼き印です。


19世紀初頭の作品らしく、バロックギターと同様のムスターシュ付きのブリッジ、象牙のフレットなどを備えています。


表面板には大変品の良い象牙と黒檀による装飾があります。


ネックは黒檀巻き。飾り気はないですが、確かな技術を感じさせるギターです。


裏横板は素性の良いメープル。ヴァイオリン製作者による作品である証とも言えます。



弦長64センチ、 弦高は低めで非常に弾きやすく、また素直な鳴り方をする楽器です。


モーシャン作オリジナル19世紀ギター (70万円)



モーシャンはラコートと並ぶ19世紀前半を代表するフランスのギター製作家で、
ギタリスト/作曲家モリーノの使用楽器としても知られています。
今回の楽器は素晴らしく装飾された音、姿共に美しいマスターピースです。


上質の表面板:真珠母貝と象牙で美しく装飾されています。


ボディフレットはアロウ(矢)のモチーフ。モーシャンの専売特許です。
 

鯨ひげのエッジングは指板とヘッドにまで施されています。


ヘッドには真珠貝のエンブレム。ナットも真珠貝です。


裏横板は希少なバール・メープル。ダイナミックな木目です。


ネックは黒檀巻き。



ルネ・フランソワ・ラコート作オリジナル19世紀ギター (120万円)



言わずと知れたパリの名工の作品です。


ラコートとしては初期の作品で、独立前に工房をシェアしていたマルタンとのダブルネームの楽器と同じデザインです。
(以下参照)

参考:「ギターと名工たち」


「ギターと名工たち」記載のラコート/マルタン作ギター(左)と出展楽器(右) 

非常に細かな木目の表面板。鯨ひげと黒檀のパーフリングがあります。


裏横は非常に質の良いマホガニー。一見ローズウッドかと見間違えるほどです。


ネックは黒檀巻き。


弦長は少し長めの648ミリ。プロ用の楽器だったのかもしれません。

(画像のケースは参考品です)

戻る                     メイル