コリネ作:フレンチ・フラジオレット (フランス 18世紀後半ー19世紀初頭)
価格18万円
ご質問/お問い合わせ



希少なフレンチ・フラジオレットです。
製作は三代にわたり18世紀から19世紀にかけてパリとロンドンで活動していたCollinet.
正確な製作年代は不明ですが、おそらく18世紀の末あたりではないかと思われます。
フラジオレットは非常に普及したので、中にはある種粗悪品と言える楽器もありますが、
今回の楽器は当時のトラヴェルソなどと同じ上質の材質、高い工作技術で作られた高品質の楽器です。

フラジオレットはリコーダーなどと同じくブロック式の木管楽器。
演奏と持ち運びが容易、吹奏感は快適、表現力も大きく、17世紀から20世紀初頭にかけて愛奏されました。

フラジオレットには大きく分けてフランス式とイギリス式があります。

フランス式はサムホール2つおよび4孔を持ち多くはF管。
イギリス式はトラヴェルソなどと同じく6孔でD管です。

17世紀にはフランス式が大変流行し、日記で有名なサミュエル・ピープスもフラジオレットに夢中だと書いており、
また現在リコーダーのレパ−トリーになっている「小鳥愛好家の楽しみ」も本来はフラジオレットの為の曲集でした。


18世紀の終わりからはフルートと同じ運指のイギリス式がイギリスとドイツで流行しました。


フラジオレットの長いビーク(吹き口)と大きなキャップは息の流れを整合し、
音色をまろやかに、音程と強弱のコントロールを容易にします。
その意味ではリコーダーよりもトラヴェルソに吹奏感は似ています。

フラジオレットには18世紀にはノスやカヒュ−ザック、トマ・ロット、
19世紀にはルイ・ロットやゴドフロアら名工による楽器も残されています。


今回の楽器を製作したコリネの一族はフラジオレットをシリアスなコンサート楽器として捉えていたようで、
2代目3代目のコリネは自身コンサート活動を盛んに行い、またロンドンで出版した教本でもその旨を記載しています。

今回の楽器はどんぐりのような頭部キャップを持っていますが、トマ・ロットの銘を持つ18世紀の楽器とスタイルは全く同じで、
作られた時代や地域が似ている可能性が高そうです。
この楽器は「フランスの偉大なフルート製作家たち」にも紹介されています。
私もこれまでに多くのフレンチ・フラジオレットを見ましたが、このタイプは珍しいものです。


上:トマ・ロット、下:コリネ(出展楽器)



材質は大変綺麗なツゲ。頭部管に割れの跡がありますが、修理されており息漏れもありません。
オリジナルのビークは喪われており、代替品が装着されています。

この時代のフレンチ・フラジオレットは希少ですが、残されているものも発音機構のエッジが欠けていたり、
演奏可能な楽器は非常に稀です。
今回の楽器は状態、吹奏感共に良好です。
音色ははっきりとしており、音量もあり、ステージでも充分に使用出来そうです。


ピッチはほぼモダンピッチ(A=438-442)
。指孔を全て押さえてFの音が出るF管です。
全長(ビーク除く)29センチ、有効長21.5センチ

フラジオレットとそのレパートリーに関しては↓のサイトが詳しいです。
http://www.webring.org/l/rd?ring=thetinwhistleweb;id=9;url=http%3A%2F%2Fwww%2Eflageolets%2Ecom%2F

戻る                     メイル