ラミー:オリジナル19世紀ギターとオリジナル19世紀マンドリン (フランス、19世紀後半)
価格 マンドリン:18万円、ギター:30万円 (両方ともご希望の場合:45万円)
お問い合わせ


材質、 作り、状態、弾き心地、音の良い美しいオリジナル・フレンチ・ギターとマンドリンです。

どちらもフランスの楽器製作/販売会社ラミー(JTL)のデザインによっています。
もともとJTLは管楽器製作で知られており、弦楽器はミルクールとパリの工房にOEMで作らせていました。
実際の製作者には美しい楽器で知られたオーブリー・メールや、
ラコートのギター製作を請け負っていたブルジェールなどの名もあり、名器と言える楽器も少なくありません。
今回の二台もそのような楽器です。

マンドリン

スプルースの表面板。非常に美しい螺鈿細工が一面に施されています。
 

ローズウッドとメープルのオルタネイティヴの裏板。

マシンはエンクローズドの高級品。 

胴体内部にはラミーのラベルがあります。


同時代のイタリアのビナッチャやカラーチェ、またエンベルガーなどど比べて、
より繊細というか、丁寧に時間をかけて作られている様に見えます。
ネック反りも見られず良い状態の楽器です。

オリジナルのケースが付属しています。



ギター

ラベルはありませんが、確実にブルジェールによりJTLのために製作された楽器だと思われます。
ブルジェールは1850年ころからラコートのOEMを行っていた製作工房で、その工作精度の高さには定評があります。
この楽器は、JTLの通常のラインナップ中、高級モデルの一つです。

非常に質の良いスプルースの表面板。


繊細な螺鈿の装飾があります。
 

裏横板は美しいバーズアイメープル。

鯨ひげのパーフリングがあります。

ネックはマホガニー。柾目の良材です。


黒檀の指板。


糸巻きはEonの高級品。
 

質の良い音で良く鳴るギターです。弦長620ミリ。
骨太に悠々と鳴る感じと言いましょうか、このあたりのギターは19世紀初頭のギターよりもモダンギターに近いところがあり、
モダンを弾く方にとっても扱いやすく、鳴らしやすい楽器と言えます。


戻る                               メイル