ラミー:オリジナル19世紀マンドリン (フランス、19世紀後半)
価格:18万円→15万円 
お問い合わせ

材質、 作り、状態、弾き心地、音の良い美しいオリジナル・フレンチ・マンドリンです。
フランスの楽器製作/販売会社ラミー(JTL)のデザインによっています。
もともとJTLは管楽器製作で知られており、弦楽器はミルクールとパリの工房にOEMで作らせていました。
実際の製作者には美しい楽器で知られたオーブリー・メールや、
ラコートのギター製作を請け負っていたブルジェールなどの名もあり、名器と言える楽器も少なくありません。

スプルースの表面板。非常に美しい螺鈿細工が一面に施されています。
 

ローズウッドとメープルのオルタネイティヴの裏板。

マシンはエンクローズドの高級品。 

胴体内部にはラミーのラベルがあります。


同時代のイタリアのビナッチャやカラーチェ、またエンベルガーなどど比べて、
より繊細というか、丁寧に時間をかけて作られている様に見えます。
ネック反りも見られず良い状態の楽器です。

オリジナルのケースが付属しています。



戻る                               メイル