スモール・ギター・フェア(希少な小型ギター3台)
テルツギター(弦長54センチ)とクイントギター(弦長46センチ)x2
日本での試奏が可能です。お問い合わせ


 

ギターは弦長65センチあたりが標準とされていますが、19世紀から20世紀前半にかけては、
製作家のポリシーや演奏者の好みにより、59センチから66センチくらいの幅がありました。
通常のギターよりも3度高く調弦されるテルツギター、5度(あるいは4度)高く調弦されるクイントギター、
そして長い低音弦を持つコントラギターなども作られ、主にアンサンブルに使われています。
テルツは希少、クイントにいたってはまず普通は見ることはありません。


↓様々な19世紀ギター:左から7弦、テルツ、クイント、前にはハウザー銘のリュートギター


今回はそのテルツとクイントの3台まとめての売却です。
19世紀ギターのソロ、アンサンブルや、19世紀ギターオーケストラ?などに活用していただければと思います。

その1:バーデル作:テルツギター、ミッテンヴァルト(ドイツ)、19世紀後半ー20世紀初頭
価格18万円



典型的なテルツギターです。弦長54センチ。


良質のスプルースの表面板。いくつかの亀裂がありますが修理されています。


非常に美しいメープルの裏横板。


黒塗りのネック。反りのない良い状態です。


糸巻きの調子も良好です。


テルツギターらしく、明るくレガートに響く楽器です。
テルツギターのための作品は、ジュリアーニのコンチェルトをはじめとして大変充実しています。
通常のギターのための曲ももちろん演奏することもでき、手の小さな人や子どもにも向いています。


その2:作者不詳:小型ギター(クイント?)、 ドイツ/オーストリア、19世紀中庸
価格未定


非常に珍しい19世紀中庸の小型ギターです。弦長465ミリ。
良い材料と工作精度で作られており、表面板には真珠母貝の装飾があります。
便宜上「クイント」としましたが、富裕な女性か子弟のために作られた小型ギターかもしれません


美しい音で良く鳴る楽器です。

その3:無銘 クイントギター、ドイツ、20世紀初頭
価格8万円


珍しいクイント・ギターです。弦長は46センチ。
ドイツもしくはオーストラリアで作られたシュウタウファー派楽器で、製作年代は1890年ー1930年ころでしょうか。
ドイツではワイスガーバーやハウザー一世が活躍していた時代ですね。
ウィーン/ドイツ系の楽器らしく、かっちりと作られています。

良質のスプルースの表面板。表面板は幅広のデザインで、ブリッジはマーチン系です。

表面板とロゼッタ周りには繊細な白黒のパーフリングがあります。

裏横板は虎杢のメープルで美しい木目を持っています。
裏板には再接着の跡がありますが、
割れなどはありません。


ネックとヘッドもメープルでしょうか。


ヘッドは機械式糸巻きを持っています。糸巻きの調子は良いです。


指板もシュタウファー系のデザインですね。



左から:ハウザーの通常サイズ(弦長63センチ)、ハウザーのテルツ(59センチ)、出展楽器(46センチ)

0フレット幅38ミリ。基本的にアンサンブルの旋律楽器と捉えるべきでしょうが、慣れるとソロの曲も弾くことが出来ます。
この時代の小型の楽器は残っている数が少なく、当HPでもこれまでに一台だけ超小型のミニチュアギターを取り扱いました。
あの楽器も非常に良くできたものでした。

フルサイズのワイスガーバーとミニチュアギター

鳴り方は開放的で楽しげです。アンサンブルの高いパートを受け持つのに向いている楽器だと言えるでしょう。

19世紀ギターに興味を持つ方でひと味違った楽器をお探しの人、アンサンブルを弾かれる方にお勧めできます。、
また子供用の19世紀ギターとしても活用していただければと思います。


戻る                               メイル